アイクリーム クマ ランキング

MENU

クマに効果的!おすすめのアイクリーム総合ランキング

当サイトは、目元のクマに悩む方のために、簡単・手軽にできる目元ケアのやり方をわかりやすくまとめました。

 

まずは、「すぐにおすすめのアイクリームが知りたい!」という方のために、以下の基準で選抜されたアイクリームランキングをご紹介します。

 

  • 1本で多くのクマに対応できる
  • 口コミで評判かどうか
  • 値段のバランス

 

1位:ビーグレン アイエクストラセラム

ビーグレン アイエクストラセラム アイクリーム

 

当サイトでおすすめしているのは、ビーグレンのアイクリーム「アイエクストラ セラム」です。

 

アメリカのドクターズコスメのビーグレンの特徴は、美容成分の『浸透深度』にこだわっているところ。

 

独自に研究開発されたQuSomeRという技術を使い、より肌の角質層まで美容成分を届けてくれます。

 

ビーグレンのアイエクストラセラムには、コラーゲン線維、エラスチン線維などを生成する「線維芽細胞」を活性化するFGF配合により、1番やっかいな黒クマに効果的なんです。

 

また、アイリジェナー、α-グルコシルヘスペリジンといった成分が血行不良にアプローチすることで青クマ対策にも期待できます。

 

さらに、トライアルセットの中にあるビタミンC誘導体を配合するCセラム美容液を組み合わせると、茶クマにまで対応できるので、結局1セットで黒クマ、青クマ、茶クマの3種類に対応できるんです。

 

アイクリームは単品価格だと8,640円(税込)と百貨店のスキンケアブランド並ですが、トライアルセットが1,944円(税込)で購入可能です。

 

「とにかく全部のクマに1本でケアできるアイクリームが欲しい!」という方は、まずはビーグレンの目元ケアトライアルセットで自分の肌に合うか確かめるのが1番おすすめです。
※全部で8種類トライアルセットがあるのですが、目元ケアは緑色のパッケージになります。

 

公式サイト ビーグレン

 

 

2位:アテニア

アテニア  アイクリーム

 

大手化粧品メーカーファンケルのグループである『アテニア』。

 

そんなアテニアのアイクリームは、「目尻、目の下、まぶた」といった目元の悩みを1本でアプローチしてくれます。

 

マイオキシノールという成分で目尻にできがちな小ジワ、セイヨウキズタエキスとコメヌカ油によって肌内部のゆるみを整えて、皮膚全体のボリュームと弾力を取り戻す働きをしてくれます。
たるみやシワにアプローチしてくれるので、黒クマ対策にバッチリです。

 

また、シトルリン、アロエエキスの成分によって、目の下の老廃物の滞りを改善してくれるので、青クマにも期待できます。

 

百貨店レベルのブランドの目元ケア商品となるとやはり8,000円以上はお値段がしますが、アテニアは製造?販売まで1社で行っているので流通コストを抑えることで、なんと3,291円(税込)で購入することができるんです。

 

その購入のしやすさと値段感・クオリティもあって、アットコスメの2016年コスメアワードで2位を受賞するほどの人気っぷりなんです。

 

若々しい40代を過ごしたいのであれば、早めにアテニアで目元対策を行っておくことをおすすめします!

 

公式サイト アテニア

 

 

3位:ディセンシア アヤナス

ディセンシア アヤナス アイクリーム

 

有名なポーラオルビスグループで敏感肌専門に作られたエイジングケアブランドが『ディセンシア アヤナス』になります。

 

敏感肌特有の症状で、くすみとシワが合わさった影ジワというものがあるんですが、コラーゲンや繊維芽細胞の畜産促成をしてくれる成分を配合しているので、黒クマにしっかり対応してくれます。

 

また、肌のブロック機能を回復させたり、血行を促進してくれる成分も配合しているので、青クマにも効果的。

 

肌の弱い方だとそもそもトライできるスキンケア商品って少ないので、敏感肌専用だと安心して購入できますよね。

 

それに、アヤナスのアイクリームコンセントレートは単品5,400円(税込)ですが、トライアルセットが1,480円(税込)で準備されています。

 

こちらからまずはお試しして、ご自分の肌に合うかどうか確かめてみましょう。

 

公式サイト アヤナス

クマの種類は3タイプに分かれる

目元にあるだけで、あなたの顔の印象を老けて見せてしまう『クマ』。

 

実は、目元にできるクマって以下の3種類に分けることができるんです。

 

青クマ 黒クマ 茶クマ 目元 悩み

 

  • 青クマ
  • 黒クマ
  • 茶クマ

 

自分のクマがどのクマに該当するのかしっかり見極めてケアをしないと、全く効果がないまま終わってしまうことになるんです。
※2種類のクマが混ざっているなんて人もいたりします。

 

そこで、まずは各種類別のクマができる原因、見分ける方法、その対策をまとめていきたいと思います。

 

 

青クマの原因と対策

目元 青クマ 対策

 

  • 原因:血行不良(毎日忙しく寝不足、パソコン作業のし過ぎで目を酷使)
  • チェック方法:引っ張ると薄くなる
  • 対策:代謝を上げる、鉄分、ビタミンE、睡眠、蒸しタオル、血行促進ができるアイクリーム

 

青クマは、毛細血管などの血行が悪くなることで、血液の色が黒ずんでしまう「血行不良」が主な原因です。

 

目元の皮膚はとても薄いので、筋肉や血管の色が透けて見えてしまうため、血行不良になると色が出やすいんですね。

 

クマは加齢によって発生するものが多いですが、青クマに関しては血行が悪ければ若い人にも見られることがあるので注意が必要です。

 

青クマの対策としては、基本的なことが多いです。

 

まずは、運動をしたりしてしっかりと汗を流して代謝を上げましょう。

 

そして、鉄分やビタミンEといった食材も血流に良いので、できるだけ取り入れることをおすすめします。

 

さらに、PCやスマホの見過ぎにより凝り固まってしまった目元を蒸しタオルなどでしっかり温めてあげることも非常に効果的。

 

ダメ押しで、しっかりと美容・血行を促進してくれる成分を含むアイクリームでケアしてあげると若々しい目元になってきますよ。

 

青クマにおすすめのアイクリーム

 

ビーグレンのアイエクストラセラムがおすすめです。

 

ビーグレン アイエクストラセラム

 

アイリジェナー、α-グルコシルヘスペリジンなどの成分によって、血行不良を起こしている目元に浸透して美容成分を届けてくれます。

 

他のクマにも対応できるので、とにかく目元のクマがひどく、何種類ものクマを併発している可能性があるなら、こちらのアイクリームがおすすめです。

 

また、普通のスキンケア商品が試しづらい敏感肌の方なら「ディセンシア アヤナス」をおすすめしています。

 

ジンセンXという成分により血行促進が可能で、青クマ改善に期待できます。

 

そもそも敏感肌の方のために作られているブランドなので、安心して購入することができます。

 

自分の肌に合うか試してみたい方は、1,480円(税込)のトライアルセットから始めるのがおすすめです。

 

公式サイト ビーグレン

 

 

黒クマの原因と対策

目元 黒クマ 対策

 

  • 原因:たるみ(乾燥や加齢でハリや弾力低下⇒影ができている)
  • チェック方法:上を向くと薄くなる
  • 対策:眼輪筋をトレーニング、頭皮マッサージ、たるみを取るアイクリーム

 

黒クマの原因は、ずばり「たるみ」です。

 

目の下の脂肪が出てきたり、シワによって溝ができたり、まぶたが垂れてきたりすることでたるんで『影』ができてしまうんです。

 

その影響で目元全体がどんより暗くなり、一気に老け顔になるので要注意です。

 

そんな黒クマの対策は、もちろんたるみケアになります。

 

まずは、目周辺の筋肉である「眼輪筋」が凝り固まっていると思うので、ゆっくりとマッサージしてあげましょう。

 

また、まぶたを閉じてぐるっと円状に目を動かしてあげることで筋肉を動かすトレーニングにもなるので、こちらも一緒にやっておきましょう。

 

また、コラーゲン、ビタミンC誘導体、レチノールなどを配合したアイクリームでしっかり美容成分を補給してあげることも効果的です。

 

 

黒クマにおすすめのアイクリーム

 

やはり、ビーグレンのアイエクストラセラムがおすすめです。

 

ビーグレン アイエクストラセラム

 

このアイクリームは、FGFという成分が配合されていて、コラーゲン線維、エラスチン線維などを生成する「線維芽細胞」を活性化してくれるんです。

 

それにより、コラーゲンたっぷりの若々しいふっくらとした目元が取り戻せますよ。

 

公式サイト ビーグレン

 

 

茶クマの原因と対策

目元 黒クマ 対策

 

  • 原因:摩擦や紫外線からのダメージで色素沈着がおこり、目元がくすんで茶色くなっている
  • チェック方法:何をしても消えない
  • 対策:くすみの原因になる大量に生み出されたメラニンをいかに排出するか。美白ケアが大事。

 

色素沈着(シミ・くすみ)が原因の茶クマ。

 

くすんだオバさん顔になる前にしっかりケアをしましょう。

 

茶クマを解消するには、まずは肌のダメージを減らしましょう。

 

目を直接こするなんて厳禁ですし、コラーゲンを破壊したりメラニンを生成してしまう紫外線対策も必須です。

 

また、目元の美白にも意識を向けましょう。

 

なので、メラニンの排出に効果的なハイドロキノン配合のアイクリームを使うのがおすすめです。

 

 

茶クマにおすすめのアイクリーム

 

皮膚科医が開発した「アンプルール ラグジュアリーホワイト」がおすすめです。

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト アイクリーム

 

メラニンに対して美容クリニック品質のブライトニング成分「新安定型ハイドロキノン」と、新たなメラニンの生成を抑制する「ハイドロキノン誘導体」を繊細な目もとのために独自バランスで調整しているので、目元のシミ=茶クマ対策にはとっても有効です。

 

価格も6,480円(税込)とお値段は張りますが、こちらもトライアルキットが1,890円(税込)で準備されているので、まずはこちらからお試ししてみましょう。

 

公式サイト アンプルール

 

 

また、お肌が弱くて不安という方は、敏感肌専用スキンケアブランドの「ディセンシア サエル」がおすすめです。

 

ディセンシア サエル アイクリーム

 

ビタミンC誘導体といったメラニンの黒化を抑える成分を配合していて、さらに血行、肌の代謝・ターンオーバーを促進してくれるので、頼もしい存在です。

 

敏感肌の方に使える美白スキンケア商品ってなかなか探しても無いですよね。

 

サエルならトライアルセットが1,480円(税込)で購入できるので、自分の肌に合うか不安という方でも安心してお試しができます。

 

サエル トライアル

 

公式サイト サエル

おまけ:プチプラアイクリームでクマ対策

「アイクリームに6,000円〜9,000円はちょっと厳しいなぁ。」

 

そう思う方もいらっしゃると思います。

 

そこで、補足としてもう少し値段帯の低いプチプラのアイクリームをご紹介したいと思います。

 

(今までご紹介してきたアイクリームには少し劣りますが、それでもしっかりケアをしておけば、周りの人よりも綺麗な目元が手に入れられますよ。)

 

プチプラアイクリームの中でおすすめなのは、『キラリエV』です。

 

キラリエV アイクリーム

 

乾燥肌のビタミンA不足をサポートする「レチノール」をたっぷり配合したアイクリームです。
※ただし、レチノールは敏感肌の方は控えたほうが良いです。

 

また、トリネコ樹皮エキス、有機ケイ素、ビタミンBを配合しているので、腫れぼったい目やクマへの対策もバッチリ。

 

そして、お値段が1,980円(税込)と、今までのアイクリームよりはお値段がぐっと下がります。

 

さらに、100日間返金保証付きなので、肌に合わない場合は返品することも可能なので安心して購入できますよ。

 

何もしないよりは、こういったプチプラアイテムでこまめにケアをしてあげるだけで、全然目元の綺麗さが変わってきますよ。

 

公式サイト キラリエV

まとめ:クマ対策はマッサージとアイクリームでしっかりケア

  • クマには3種類のタイプがある
  • それぞれのクマに対してケア方法が違う
  • クマは1つだけじゃなく併発する可能性もある

 

以上のことを踏まえると、全種類のクマに対応できるアイクリームでケアをしてあげるのが1番効率が良くおすすめです。

 

複合タイプのクマにもしっかり対応できるのは、やはりランキング1位のビーグレンのアイクリームです。

 

ビーグレン アイクリーム

 

1本8,640円(税込)とお値段がしますが、百貨店に入っているようなブランドと同等レベルのスペックなのでむしろ安いぐらいです。

 

さらに、1,944円(税込)のトライアルセットがあるので、ちょっと高価で手が出せなかったり、自分の肌に合うか不安という方は、こちらからトライしてみましょう。

 

クマ1つあるだけで、せっかくのあなたの印象が台無しになってしまいます。

 

ビーグレンのアイクリームを使って、疲れ顔・おばさん顔から脱却して、若々しい素敵な毎日を過ごしましょう!

 

公式サイト ビーグレン

更新履歴